セブ留学の悩み解決

セブ島にある語学学校で「howdy」が一番勉強環境が整っていると言い切れる3つの理由

このブログではセブ島に留学を考えている人にセブ島にある語学学校「Howdy」をおすすめしていますが、今日はセブ島にある語学学校で「howdy」が一番勉強環境が整っていると言い切れる3つの理由を紹介したいと思います。

  • 1:日本ならではの綺麗な学校設備
  • 2:学校と寮が併設されている
  • 3:学校付近の安全性の高さ

セブ島に行ったことのない方や海外経験が少ない方は「アジア」=「汚くて、住みにくい国」というイメージがあるかもしれないですが、この記事を読めば「Howdy」がいかに綺麗で勉強できる環境が整っているかわかります。

1:日本ならではの綺麗な学校設備

国が変われば、文化が変わるためセブ島にある学校内でも快適さや掃除に対しての意識も全く異なります。「Howdy」は日本人のオーナーが管理をしているため日本人にとって快適に生活できる環境づくりがされています。例えば、

  • 部屋のトイレはウォシュレット付き
  • 24時間飲むことができるウォーターサーバー付き
  • 24時間監視カメラで監視しているので安心
  • 毎週部屋の掃除を無料で依頼できる

など、様々な日本人にとって快適に生活できる環境が整っています。特にウォシュレットが日本では一般化していますが海外でウォシュレットをみることは少ないですし、セブ島でウォシュレットが設備されている部屋はかなり少ないです。もちろん1人部屋にもウォシュレットは設備されていますのでご安心ください。

また、フォリピンの水で体調を壊す話は一度は耳にしたことがあると思いますが、「Howdy」では24時間飲むことができるウォーターサーバーが各階に設置されていますのでご安心ください。

そして、シニアの人に嬉しいのが部屋の掃除を無料で毎週1度好きなタイミングで依頼できることです!

部屋のゴミ捨てやベットメイキングなどシニアの人にはめんどくさいと感じる作業を「Howdy」が直接雇用するフィリピン人スタッフが綺麗に作業してくれます。また部屋の出入りが簡単だと盗難の危険性を考える方もいらっしゃいますが、「Howdy」では24時間動いてる防犯カメラが各階に何台かありますので不審者がいればすぐにわかります。

最後に食事についても「セブ島に留学しても健康で安心できる日本食が食べれる語学学校を紹介」で紹介してる通り、日本人の口にあった日本食をセブ島にある食材を使って、海外料理経験が豊富な料理人が毎日仕込んでいます。

2:学校と寮が併設されている

セブ島にある語学学校「Howdy」では勉強する学校と留学生が宿泊する施設が併設されているので移動が大変楽です。

他のセブ島にある語学学校の中には学校と宿泊施設が併設されていないため授業に出るのにも移動する時間を考えて移動しないといけませんが、「Howdy」では併設されているので移動は楽ですし、エスカレーターもあるので足腰が悪い方でも簡単に移動ができます。

食堂も1階の受付を抜けた場所にあり、食事を取るのも楽ですし、味も「」で紹介していますがセブ島で一番日本食にこだわって毎日プロの料理人が調理しています。

またご自分の部屋や食堂などで集中して勉強できない方は自習室を解放していますので、そちらで勉強をしてもらうことも可能です。もし何か何かトラブルがあった際は日本人スタッフが常駐しているので声をかけることも可能です。

3:学校付近の安全性の高さ

フィリピンで事業をする場合はフィリピン人の方をビジネスパートナーとして共同経営しないといけませんが、共同経営を持ちかけるフィリピン人の方には日本人を騙す方も多くいます。ですが、「Howdy」を共同経営するフィリピン人の方は学校がある敷地を昔から統治する家系の人で彼自身でもフィリピンで色々なビジネスを展開している事業家です。

「Howdy」がある学校付近は彼の事業に手を出す人は事が起こったあと追い出されることを恐れて事件は起こることは大変少なく、学校周りを普通に日本人が歩いても危険な目に遭う可能性はかなり低いです。

学校のカリュキュラム内容が素晴らしくても学校付近が生活しずらい環境ではセブ島での生活に大きな支障が出ます。だからこそ、快適なセブ島での留学シニアライフを送るためにも治安の良いエリアに学校を構える「Howdy」は初めてセブ留学するシニアの方にオススメの語学学校です。

お問い合わせ、お申し込みは直接Howdyまで